江戸なりわい〜丁稚

  • 額装のイメージです。現物はガラスがはまっています。

    額装のイメージです。現物はガラスがはまっています。

丁稚(でっち)とは、奉公している男児の上方での呼び名。
江戸では「小僧」と呼びました。
お仕着せの着物を着て、前掛けをつけてます。

※この商品は、送料(宅配便代)をサービスさせていただきます。
落語に出てくる可愛らしい丁稚や小僧さんをイメージしました。

不透明水彩画
イラストの大きさ:205×95mm
額の大きさ:八ツ切(258×320mm)

16,200円

在庫数 : 1
注文数:

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索